ユーロドルは3週間ぶりの高値に上昇を続ける

モハメド・アブデルハリク
2022 年 2 月 4 日
914 ビュー

広告の開示

金曜日朝の欧州市場でユーロドルは引き続き上昇し、5日連続の上昇を記録し、3週間ぶりの高値を記録した。単一通貨は2020年3月以来最大の週次上昇を達成する方向に向かっており、この拡大は欧州中央銀行会合の結果により、ユーロ圏で今年利上げが行われるとの期待が高まり、欧州中央銀行と連邦準備理事会の金融政策の差異が縮小した。

ユーロドルは上昇を続ける

ユーロドル

ユーロは対米ドルで取引される 3週間ぶりの高値となる1.1471ドルの水準となり、本日の取引開始水準から約0.31TP3Tプラスの1.1437ドルとなった。欧州と米国の中央銀行の金融政策の格差が縮小している。

今週の取引開始以来、これまでのところ、単一通貨は米国通貨に対して約2.9%の利益を追加し、2020年3月以来最大の週間上昇を記録する方向に向かっています。
欧州中央銀行会議

欧州中央銀行は木曜日に閉幕した理事会で金利を現行水準に据え置くことで合意し、パンデミックに対する景気刺激策を3月中に終了することを決定した。

欧州中央銀行は利上げの可能性がある

欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁は、物価が大幅に上昇しており、これまでの予想よりも長期間高止まりが予想されることを認めた一方、インフレの背景は依然としてエネルギー価格の「一時的な」影響によって引き起こされているとも強調し、インフレは今後も続くだろうと付け加えた。衰退。今年後半には、中期的には2%目標とほぼ一致することになるが、短期的なリスクは「上向きに傾いている」。

ラガルド総裁は、インフレ率が高水準に留まれば、中銀は次回3月会合で金融引き締めの決定を検討する可能性が高いと述べた。次回の会合は3月に開催される。

2022年1月のユーロ圏年間インフレ率は5.1%と、12月の5%から上昇し、食品とエネルギー価格を除いた市場予想4.4%に対し、1月のコアインフレ率は2.3%で、12月の2.6%から低下したが、依然として予想の1.9%を上回った。 。

著者 モハメド・アブデルハリク

プロのトレーダー兼アナリスト、2004 年から金融および外国為替市場のエコノミスト。エジプトのアメリカン大学で MBA を取得。モハメッドは、多くの国際外国為替および金融取引会社で経済ライターおよびテクニカルおよびファンダメンタルズアナリストとして、英語とアラビア語の両方で日々働いています。