ドル高によりGBPUSDは1カ月ぶり安値に下落

モハメド・アブデルハリク
2021年8月20日
771 ビュー
ポンドドル

広告の開示

GBPUSDは欧州市場で損失を拡大し、2日連続の下落と1カ月ぶりの安値を記録し、ポンドは3週間連続の下落を記録する方向に向かっている。

こうした拡大損失は、弱い経済指標に加え、新型コロナウイルスの日々の感染拡大への懸念が高まっていることを踏まえ、投資家が高リスク通貨の購入に消極的であり、最良の安全な代替投資として米ドルを購入したいという欲求に起因している。英国経済が発表した「7月の小売売上高の予想外の大幅な減少」に代表される。

GBPUSDは下落し続ける

ポンドドル

GBPUSDは昨年7月末以来の安値となる$1.3609で取引され、本日の始値レベル$1.3637から0.2%以上下落した。

英国ポンド 米国の毎週の新規失業保険申請件数の好調なデータを受けて、ほとんどの主要通貨に対して米ドルが強かったため、前日の取引は対米ドルで約0.85%下落し、1日としては6月中旬以来最大の下落幅を記録して取引を終えた。

今週の取引開始以来、これまでのところ、英国ポンドは対米ドルで約1.8%下落しており、6月以来最大の週次下落となり、3週間連続の下落を記録する方向に向かっている。

米ドルは引き続き強い強気傾向を維持

リスクオフ心理の戻りを受けて金曜日朝も米ドルは大半の主要通貨に対して上昇を続け、水曜日の比較的タカ派的な連邦公開市場委員会議事録の発表後、指数は最高水準の93.45ポイントまで上昇した。 11月以来。

新型コロナウイルスの感染者数が世界的に急増する中、ドル指数は過去数週間比較的強い上昇傾向にあったが、今週ニュージーランドが終値のレベル4に上昇したことで上昇傾向が加速した。

ニュージーランドの発表は世界中に衝撃を与えた。同国では過去6か月間感染者が記録されておらず、同国もロックダウン中で国境のほとんどが閉鎖されているからだ。

FRBが前回会合の議事録を発表した後も米ドル指数は上昇し、今回の会合では金利をゼロ水準に据え置き、資産買い入れプログラムを維持することが決定した。

議事録では、より多くのFOMCメンバーが資産買い入れの縮小について話し始めていることが示されたが、唯一の注意点は、米国経済の指標が引き続き強化された場合にのみテーパリングを実施すべきであるということだ。

著者 モハメド・アブデルハリク

プロのトレーダー兼アナリスト、2004 年から金融および外国為替市場のエコノミスト。エジプトのアメリカン大学で MBA を取得。モハメッドは、多くの国際外国為替および金融取引会社で経済ライターおよびテクニカルおよびファンダメンタルズアナリストとして、英語とアラビア語の両方で日々働いています。