需要率の改善に伴い原油価格は上昇し続ける

モハメド・アブデルハリク
2021年9月28日
684 ビュー
原油価格

広告の開示

原油価格は今日のアメリカ市場の取引開始とともに上昇を拡大し、6取引連続で連日の上昇を続け、アメリカ産原油は約2ヶ月半ぶりの高値を記録し、ブレント原油は3年ぶりに1バレル=80ドルの水準を超えた。この上昇は、OPECプラスの供給が途絶えたことと時を同じくして、燃料消費と実際の燃料需要の水準が明らかに改善していることを踏まえ、今年の残り3カ月間に市場が赤字に転落するのではないかとの懸念が高まっていることによるものである。計画されたレベルに達します。

これは、市場参加者が米国石油協会による各州の商業用原油在庫に関する暫定データの発表を待っているタイミングで行われた。

原油価格は上昇を続ける

原油価格

ウェスト・テキサス・インターミディエイト(米国) 原油 は日本時間午前10時20分までに約1.71TP3T上昇し、本日の取引開始レベルの75.40ドルと安値から昨年7月6日以来の高値となる76.65ドルの水準付近で取引された。バレル75.23ドルに達した。

国際原油「ブレント原油」も$ 79.40ドルの始値と比較して1バレル当たり$ 80.72ドルまで1.7%上昇し、2018年10月以来の高値を記録し、取引序盤に$ 79.23ドルで最安値を記録した。たる。

月曜日の取引終了時点で、米国産原油はなんとか1.9%の上昇を達成し、ベンチマークであるブレント原油は1.8%の上昇となり、約3カ月ぶりの日次上昇としては5回連続の上昇となった。

需要が改善

国際原油価格は、世界生産のペースの鈍化と一致し、世界中で実際の燃料需要の水準が明らかに改善しているという強い兆候を踏まえ、現時点でさらなる支持を受けており、これが市場の転換につながる可能性がある。今年2021年の最終四半期には赤字に転落する見通しだ。

米国では商業用原油在庫が約3年ぶりの最低水準に下落したが、これは「世界最大の石油消費国」における需要と回収水準の明らかな改善を示している。

「世界で第4位の石油消費国」であるインドでは、特に規制緩和や規制緩和後の需要回復に対応する当局の準備を踏まえ、同国の原油輸入量は昨年8月に3カ月ぶりの高水準に増加した。コロナウイルス危機に関連した一般的な隔離措置。

一方、世界連合「OPECプラス」の一部加盟国は、世界最悪の健康危機下での投資不足やメンテナンス作業の遅れにより、8月と9月に設定した水準まで生産を増やすことができなかった。 100年近く目撃されていない。

米国在庫レポート

本日後半、米国石油協会は米国の商業用原油在庫が10週連続で減少するとの予想の中、暫定データを発表する予定であり、明日は米国エネルギー情報局から正式なデータが発表される予定である。管理。

著者 モハメド・アブデルハリク

プロのトレーダー兼アナリスト、2004 年から金融および外国為替市場のエコノミスト。エジプトのアメリカン大学で MBA を取得。モハメッドは、多くの国際外国為替および金融取引会社で経済ライターおよびテクニカルおよびファンダメンタルズアナリストとして、英語とアラビア語の両方で日々働いています。